カテゴリ:古材



昨今、古民家(コミンカ)をリノベーションしてのカフェや住居が増えています。 築200年以上経過とある古民家カフェに行ってガッカリする事が多いです。 一般的にいわれる古民家とは、建築年数がかなり経過した民家のことで定義が曖昧。 因みに、国が制定する文化財登録制度においては、「50年以上」というのが対象条件になっています。 伝統的な建築工法である木造軸組工法で建てられている茅葺屋根、草葺き屋根、日本瓦葺き屋根で土間があり太い柱と梁を持って築年数が50年以上。 1983年新築の経過年数36年。15年前にリフォームして熊本地震被災後に改修&リノベーションした重量鉄骨造3階建てなので何年経っても古民家にはなれない(笑)

19世紀ヨーロッパで植物の花や葉っぱなどの有機物をエレガントに曲線でデザインされたアールヌーボー様式のアンブレラスタンドです。 傘立ての本体ベースは200年経過のポプラの古木。そして、大切な傘を磨き込まれた真鍮製の枠と水たまりトレーが優しく支えてくれます。 永い年月を経た古材を使用して熟練した木工職人の技術と高級素材の真鍮を生かした素材の温かみと歴史の重みを感じられる逸品。古木本体は蜜蝋ワックス仕上げでお手入れが不要です。ウール素材の布で磨くと輝きが蘇ります。 CAPANNI (カパーニ)イタリア社 アンブレラスタンド(傘立て) 材質:ブラス(真鍮)・ポプラ天然古木 サイズ:34×34 H82 cm 表面仕上:蜜ろうワックス仕上 原産地:イタリア 製造メーカー:カパーニ社