カテゴリ:フロアランプ



一昨年に日本初上陸してきた老舗アメリカのインテリアブランド。 入荷後に僅か一週間で完売。 昨日の入荷で、現品を撮影することができました。 ホテルのホールや客室には欠かせない装飾的間接照明のフロアランプ。 日本の一般家庭ではあまり見かけませんね。 フロアランプ(ライト)とは、床置型の照明で存在感の高い間接照明です。 リビングなど大空間の相性が特に良く、移動させることが簡単なので玄関ホールや寝室などへの移動が簡単です。 明かりを壁や天井に向けることでお部屋に広がりを生む効果もあります。 明かりを使いこなすテクニックがオシャレインテリアの基本です。

日本初上陸のアメリアブランドのフロアランプ。2017年12月の入荷間もなく完売して後のなんと、20ヶ月振りの再入荷です。 アビヤントジャポンで取り扱っている照明器具は、国が定める電気用品安全法(PSE)規格に合わせて専門業者で輸入元のアメリカ仕様のコードやソケットなどの部品を取替工事を致します。 その期間、約2週間・・・。 コンテナ入荷通関手続きで家具や雑貨類は既に入荷しているのでワクワクの再会が待ち遠しいです。

journal standard Furniture(ジャーナル・スタンダード・ファニチャー) Mugla Lamp テーブルランプとしたはもちろんフロアランプとして床置きとしてもご使用できます。 天然木にシャビーなグレーカラーに塗装し漆黒のスチール枠をはめ込んだランタン型照明器具です。 フランスで始まったインダストリアルインテリア(工業的デザイン)アイテムとして床に置くだけでなく、キャビネット等の上に置いたりしてお楽しみ頂けます。

竹内結子さんが主演を務める連続テレビドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)録画していたの見ていて寝落ち・・・。 目が覚めて最初に戻して見直していて驚いた‼ 法律事務所にアビヤントジャポンで展示販売しているフロアランプとテーブルランプ同一品が素敵にコーディネートされているではないですか♪ ドラマの内容はともかく、インテリアランプが実際にお部屋に合わせた雰囲気としてご覧いただけますので是非チェックしてみてください!

ステンドグラスシェードのフロアーランプ明かりを灯すとカーテンとその内側のカフェカーテンも美しく輝いて見えてオシャレ♪ テーブルランプにはテーブルに置く必要がありソファの脇とかそれなりの制約があります ところがフロアランプランプですと 「暗い一角を明るくしたい」「インテリア的にオシャレなアクセントが欲しい」などの悩みを解決してくれます 場所を取りそうですが意外に邪魔にならずに安定もしているので安全で置き場所も自由です 外から見える窓のそばにおいて置けばカッコよくお家のセンスアップに一役

こんなところに・・・ 気になる気になる‼ 何の気? アビヤントジャポンのお品は女子力がかなりアップするそうです♪ さて、ご来店が多くてなかなかチャレンジできない店外からの店内撮影お買い物+おしゃべり後にお客様が退店されたら日没前にダッシュでカメラとレフ板を持って撮影しました。

ティファニータイプのステンドグラスシェードがオシャレなフロアーランプが入荷しました。 ライトを点けると美しさがひと際です。 シェードの中で見えていませんが 40W球のクリアボール球が3個点いています。 ランプソケットの口径が普通球サイズでしたのでLEDランプのE-26も装着可能です。 スイッチは足踏みタイプのコードスイッチです。