アメリカンなインテリア

ダマスク柄にモールやタッセルにフリンジタッセルでパスモントリーした超豪華スツールです。 アビヤントジャポンのオリジナル。 実は、大きな3人掛け1台と一人掛け2台にスツール2台の5点セットでご注文頂き、同生地によるオリジナルスツールがミニマム(最低発注)数が3台でしたので特注価格の原価販売中。 ダマスク柄は、ダマスクローズをデザインかした格調の高い柄なので老舗高級ホテルや国会議事堂の壁面、そして、総理大臣、各大臣が腰かけられている肘掛け椅子の生地などに見られます。 クラシックスタイルですがモダンインテリアにも採用されるくらい完成された不滅のデザインと思う。

D R Kincaid Chair Companyは、アメリカのノースカロライナ州にあたるブルーリッジ山脈のふもとにあります。この地域には100年以上も前に世界中から職人が集まり布張りの高級家具製作に熟練を重ね、これらの地元プロ職人をチームとして30年以上前に創業されたのが、D R Kincaid Chairです。他の製造工場が遠く離れた土地に移動した後もブルーリッジのふもとで椅子の製造を続けてきました。完成度が高く、上品な布張りの椅子500のスタイルのうち、フレームの90%は熟練した職人によって工場で作られています。組み立てた後、すべてのフレームはサンディングのいくつかの段階を経て、仕上げおよび室内装飾職人の慎重な手に置かれます。誠実さと永続的な品質の証は、フレームに使われている樅ノ木などの最高級の広葉樹。そして、丁寧な手仕上げにあります。熟練職人の手作りで生産量も少なく日本への輸出は出来なくなってしまっています。アメリア職人気質のこだわりも最期の一台となりましたシェルバック・ウイングチェアです。

一昨年に日本初上陸してきた老舗アメリカのインテリアブランド。 入荷後に僅か一週間で完売。 昨日の入荷で、現品を撮影することができました。 ホテルのホールや客室には欠かせない装飾的間接照明のフロアランプ。 日本の一般家庭ではあまり見かけませんね。 フロアランプ(ライト)とは、床置型の照明で存在感の高い間接照明です。 リビングなど大空間の相性が特に良く、移動させることが簡単なので玄関ホールや寝室などへの移動が簡単です。 明かりを壁や天井に向けることでお部屋に広がりを生む効果もあります。 明かりを使いこなすテクニックがオシャレインテリアの基本です。

日本初上陸のアメリアブランドのフロアランプ。2017年12月の入荷間もなく完売して後のなんと、20ヶ月振りの再入荷です。 アビヤントジャポンで取り扱っている照明器具は、国が定める電気用品安全法(PSE)規格に合わせて専門業者で輸入元のアメリカ仕様のコードやソケットなどの部品を取替工事を致します。 その期間、約2週間・・・。 コンテナ入荷通関手続きで家具や雑貨類は既に入荷しているのでワクワクの再会が待ち遠しいです。

今年から大幅なコストアップや諸般の事由でたくさんのクラシック家具ファンに永年愛され続けて定期的に輸入されていたアメリカのD R Kincaid Chair Companyのチェアが輸入できなくなりました・・・。 職人による高い技術力で優れたデザインと高品質を保証するアメリカ・ノースカロライナ州の丘陵地帯に生産拠点を持つ老舗ソファーメーカーなんですけどね。

今日のアビヤントジャポン店内を撮影して思ったこと。

アメリカの老舗時計メーカーのテーブルウォッチ(置時計)を撮影した話です。

アメリカ製ウイングチェアー
今日のアビヤントジャポンの店内を撮影しました。 画像の奥にシャビーシックなボヌールチェアーのトップ部分が見えてたりしていますが、 アメリカ製のウイングチェアーだって上質な資材と伝統的な技術の結集で 作り上げられたモノなので永年使い込んで頂けたら いい感じのシャビーなアメリカンシックに育つのを楽しめます。 【ウィングチェア】wing chairとは...

ウイングチェアー(アメリカ製)
【ウィングチェア】wing chairとは 背もたれの高い休息用の椅子(いす)の事です。 背の上部の両側が、翼(ウイング)のように 前方に突き出たもので「耳付き椅子」とも言います。 海外映画やTVドラマに出てくるリビングルームで 暖炉の前に置いてあったりしますよね。 極寒の地方ではより暖を取るべくチェアーのバックを...

アメリカ製ウイングチェアー
【ウィングチェア】wing chairとは 背もたれの高い休息用の椅子(いす)の事です。 背の上部の両側が、翼(ウイング)のように 前方に突き出たもので「耳付き椅子」とも言います。 海外映画やTVドラマに出てくるリビングルームで 暖炉の前に置いてあったりしますよね。 極寒の地方ではより暖を取るべくチェアーのバックを...