1975年から始まったフランスのTIEF(ティエフ)社は、Mr.Hugues Thleffryにアールヌーボ様式のライティングのデザインと製作メーカーとして1978年に設立され、現在、ホテルやお城、マンソン、レストラン、ナイトクラブの装飾用照明として提供しています。

下記の商品画像をクリックされますと、その商品の詳細ページが開きます。

商品の詳細ページでは複数の詳細画像やサイズなどの詳細説明がご覧になられます。

商品画像右下にある【カートに追加】をクリックすれば簡単にお買い物もできます。

アールヌーボーについて:

19世紀末~20世紀初め、進む工業化に危機感を感じたヨーロッパの芸術家達は、新しい素材を積極的に取り入れながら「アール・ヌーヴォー(新しい芸術)」という美しいデザイン様式を生み出しました。

それは、絵画・工芸にとどまらず、建築、家具、工芸など多岐に渡ります。

パリから東へ電車で1時間30分のナンシーという街で、数多くのアール・ヌーヴォーの巨匠を輩出!

パリのルーブル美術館にもその作品がたくさん収蔵されているエミール・ガレ(1846-1904)もナンシー派アール・ヌーヴォーの巨匠でナンシー派会長も務めていました。

TIEF(ティエフ)社について:

フランスTIEF(ティエフ)社(http://www.luminaires-tief.com/)は、

1976年デザイナーであり、オーナーであるMr.Hugues Thleffryによって設立されました。

1978年、アールヌーボスタイルのライティングのデザインと製作を始めました。

これと同時にブロンズとアイアンのフレームメーカーと提携し。シャンデリア・テーブルランプ・フロアランプ・ウォールランプすべての生産体制を整えることが出来ました。

今では50カ国以上の国に販売しており、多くのユーザーがTIEF社の魅力的な色合いや風合いに魅了されています。

現在もホテルやお城、マンソン、レストラン、ナイトクラブの装飾用照明に提供しているメーカーです。

ガラスペーストランプシェードについて:

TIEF(ティエフ)社は、19世紀のマスターガラスメーカーの伝統に従って製造された非常に装飾的なガラスペーストでチューリップタイプのランプシェードなど幅広い工芸品を提供しています。

シェードの吹きガラス製法について:

エナメルをガラスの2つの層の間に含ませて、マスターブロワーさせます。

溶融温度が1400°であるため、オブジェクトの形状をある程度柔軟に調整できますが、急速に冷却することで、マスターグラスメーカー(10年以上のトレーニングが必要)が完璧な作業を実行できます。

各作品(デザイナーランプ、ガラスペーストシャンデリア、フロアランプ、デザイナーウォールライトなど)は、クリエイター(38年作成)により「tief」と手書きで署名されています。